借金返済と任意整理

他の利点と注意事項

Permalink

自己破産をした場合、債務者にとっては借金が無くなりますが、逆に債権者は、それだけのダメージを受けることとなります。したがって、借金の当事者同士の関係が、それだけこじれてしまうという問題があります。

その一方で、任意整理の場合、話し合いによって借金を減額するため、比較的穏便に問題を解決することが可能です。そのように、心理的負担が比較的軽くて済むというのも任意整理のメリットと言えます。任意整理をするにしても、それだけのやむを得ない事情があり、決して悪意を持って借金を踏み倒す訳ではありません。任意整理は、そういう債務者の気持ちを債権者に示すことのできるシステムなのです。

ただし、任意整理をする場合にも、それなりのデメリットは存在します。まず、任意整理を行なっても、返済できる範囲の借金は残るので、自己破産や個人再生と比べると、債務を圧縮する効果は低くなります。逆に言うと、残った借金を返済できるだけの経済力が必要となります。また、任意整理では、自己破産よりも短いと言われているものの、ブラックリスト期間が存在するという問題もあります。その他に、債権者が認めてくれない場合、任意整理ができないというデメリットも存在します。

自己破産との違い

Permalink

借金を全額なくしてしまうための方法に、自己破産があります。そのように、借金の返済から完全に開放されるのは自己破産のメリットです。しかしながら、自己破産には、それなりのデメリットも存在するので、注意する必要があります。

例えば、自己破産をした場合、破産すると資格が喪失する職業につけなくなる、住居など、生活に必要な資産が債権者の手に渡る、再び自己破産することができなくなる、などの問題点があります。それらの問題を回避することのできるのが、任意整理という方法なのです。

また、任意整理では、先述のように、完全な破産者になるという訳ではないため、金融機関による信用がある程度保たれます。そのような事情から、任意整理は、自己破産よりもブラックリスト期間が短いという話です。ブラックリスト期間とは、自己破産や任意整理を行なった人が、金融機関から再び借金ができるようになるまでの期間のことを意味します。

とりわけわが国では、オーバーバンキングの状態にあり、金融機関が過剰に存在します。そのような状況の中で、貸金業者の立場からしても、自己破産者と比較して信用のある任意整理者に対して、より積極的に貸したいと考える訳です。

任意整理の概要と特徴

Permalink

自分の責任でした借金なら、自力で返済するに越したことはありません。とは言うものの、諸々の事情によって、どうしても自分で返済することができない場合もあります。そのように、やむを得ない事情を抱える人のために、債務整理という方法を実践して、借金返済の負担を軽くするという選択肢もあります。

任意整理の場合、司法を管轄する裁判所が関与せず、借金の当事者である貸し手・借り手同士が話し合いによって問題を解決することとなります。任意整理の「整理」とは、借金の整理のことを意味し、借金を減額して、返済可能な状態にするのが任意整理の目的です。そのようにして減らした借金は、分割して返済することができます。

また、任意整理で借金を減らすための交渉は、法律の専門家である弁護士や司法書士などが代行してくれます。そのため、借金をしている本人の負担は軽くなります。さらに、先に述べたように、裁判所の手続きを踏まないために、法廷に出なくて済むというメリットもあります。

具体的な任意整理の方法としては、債務者の代理人が、返済可能なレベルまで債務を圧縮することを目的に、債権者である貸金業者との交渉を行ないます。したがって、任意整理を行なっても、返済可能な範囲の借金は残り、その返済をすることは必要となります。

借金の返済と任意整理

Permalink

言うまでもありませんが、借金の返済は、自分で行なうに越したことはありません。とは言え、諸事情によって自力の返済が不可能な人も存在します。そのような場合には、債務整理を行ない、負担を軽くする方法もあります。任意整理では、裁判所の手続きを踏まず、借金の当事者同士が話し合いで問題を解決します。任意整理を行なえば、借金を減額し、分割して返済することが可能になります。

また、借金減額の交渉は、法律の専門家が代行してくれるので、債務者本人の負担は軽くなるという利点があります。その上、先述のように裁判所が関与しないので、出廷しなくて済みます。ただし、任意整理の目的は、返済できる範囲まで債務を圧縮することなので、任意整理をした後も、返済可能なレベルの借金は残ることとなります。

一方、自己破産を行なえば、全ての借金を無くすことができます。しかし、自己破産には、それなりの問題点もあります。任意整理を行なえば、自己破産をしなくて済み、それらの問題を回避することができます。

また、任意整理の場合、完全に破産する訳ではなく、一定の信用が保たれることから、自己破産よりもブラックリスト期間が短いと言われています。そのように、完全な破産者とならない分だけ、金融機関に与えるダメージも小さく、債務者の心理的負担も軽くなります。

当サイトでは、借金を返済するために、任意整理を行なう事例について深く掘り下げて考察します。借金の返済でお悩みの方は、是非チェックしてみて下さい。