自己破産との違い

Permalink

借金を全額なくしてしまうための方法に、自己破産があります。そのように、借金の返済から完全に開放されるのは自己破産のメリットです。しかしながら、自己破産には、それなりのデメリットも存在するので、注意する必要があります。

例えば、自己破産をした場合、破産すると資格が喪失する職業につけなくなる、住居など、生活に必要な資産が債権者の手に渡る、再び自己破産することができなくなる、などの問題点があります。それらの問題を回避することのできるのが、任意整理という方法なのです。

また、任意整理では、先述のように、完全な破産者になるという訳ではないため、金融機関による信用がある程度保たれます。そのような事情から、任意整理は、自己破産よりもブラックリスト期間が短いという話です。ブラックリスト期間とは、自己破産や任意整理を行なった人が、金融機関から再び借金ができるようになるまでの期間のことを意味します。

とりわけわが国では、オーバーバンキングの状態にあり、金融機関が過剰に存在します。そのような状況の中で、貸金業者の立場からしても、自己破産者と比較して信用のある任意整理者に対して、より積極的に貸したいと考える訳です。