任意整理の概要と特徴

Permalink

自分の責任でした借金なら、自力で返済するに越したことはありません。とは言うものの、諸々の事情によって、どうしても自分で返済することができない場合もあります。そのように、やむを得ない事情を抱える人のために、債務整理という方法を実践して、借金返済の負担を軽くするという選択肢もあります。

任意整理の場合、司法を管轄する裁判所が関与せず、借金の当事者である貸し手・借り手同士が話し合いによって問題を解決することとなります。任意整理の「整理」とは、借金の整理のことを意味し、借金を減額して、返済可能な状態にするのが任意整理の目的です。そのようにして減らした借金は、分割して返済することができます。

また、任意整理で借金を減らすための交渉は、法律の専門家である弁護士や司法書士などが代行してくれます。そのため、借金をしている本人の負担は軽くなります。さらに、先に述べたように、裁判所の手続きを踏まないために、法廷に出なくて済むというメリットもあります。

具体的な任意整理の方法としては、債務者の代理人が、返済可能なレベルまで債務を圧縮することを目的に、債権者である貸金業者との交渉を行ないます。したがって、任意整理を行なっても、返済可能な範囲の借金は残り、その返済をすることは必要となります。