他の利点と注意事項

Permalink

自己破産をした場合、債務者にとっては借金が無くなりますが、逆に債権者は、それだけのダメージを受けることとなります。したがって、借金の当事者同士の関係が、それだけこじれてしまうという問題があります。

その一方で、任意整理の場合、話し合いによって借金を減額するため、比較的穏便に問題を解決することが可能です。そのように、心理的負担が比較的軽くて済むというのも任意整理のメリットと言えます。任意整理をするにしても、それだけのやむを得ない事情があり、決して悪意を持って借金を踏み倒す訳ではありません。任意整理は、そういう債務者の気持ちを債権者に示すことのできるシステムなのです。

ただし、任意整理をする場合にも、それなりのデメリットは存在します。まず、任意整理を行なっても、返済できる範囲の借金は残るので、自己破産や個人再生と比べると、債務を圧縮する効果は低くなります。逆に言うと、残った借金を返済できるだけの経済力が必要となります。また、任意整理では、自己破産よりも短いと言われているものの、ブラックリスト期間が存在するという問題もあります。その他に、債権者が認めてくれない場合、任意整理ができないというデメリットも存在します。