借金の返済と任意整理

Permalink

言うまでもありませんが、借金の返済は、自分で行なうに越したことはありません。とは言え、諸事情によって自力の返済が不可能な人も存在します。そのような場合には、債務整理を行ない、負担を軽くする方法もあります。任意整理では、裁判所の手続きを踏まず、借金の当事者同士が話し合いで問題を解決します。任意整理を行なえば、借金を減額し、分割して返済することが可能になります。

また、借金減額の交渉は、法律の専門家が代行してくれるので、債務者本人の負担は軽くなるという利点があります。その上、先述のように裁判所が関与しないので、出廷しなくて済みます。ただし、任意整理の目的は、返済できる範囲まで債務を圧縮することなので、任意整理をした後も、返済可能なレベルの借金は残ることとなります。

一方、自己破産を行なえば、全ての借金を無くすことができます。しかし、自己破産には、それなりの問題点もあります。任意整理を行なえば、自己破産をしなくて済み、それらの問題を回避することができます。

また、任意整理の場合、完全に破産する訳ではなく、一定の信用が保たれることから、自己破産よりもブラックリスト期間が短いと言われています。そのように、完全な破産者とならない分だけ、金融機関に与えるダメージも小さく、債務者の心理的負担も軽くなります。

当サイトでは、借金を返済するために、任意整理を行なう事例について深く掘り下げて考察します。借金の返済でお悩みの方は、是非チェックしてみて下さい。